野沢尚ーオフィシャルサイトー
ホーム
プロフィール
作品紹介
連続ドラマ
単発ドラマ
小説
映画
舞台
その他
海外
ブログ
スペシャル
連続ドラマ
TERM
フジテレビ 1999年10月11日(月)夜9時
TITLE
『氷の世界』
 
CAST
廣川英器 竹野内豊
江木塔子 松嶋菜々子
庄野月子 内田有紀
追田正午 金子賢
追田七海 片瀬那奈
井出サトミ 松尾れい子
烏城眞砂子 中嶋朋子
久松皓一 及川光博
烏城武史 仲村トオル
    ほか
STAFF
脚本 野沢尚
プロデュース 喜多麗子
演出 光野道夫
田島大輔
主題歌 氷室京介
『ダイヤモンド・ダスト』
(ポリドール・レコード)
音楽 岩代太郎
オリジナルサウンドトラック
(ポニーキャニオン)
制作 フジテレビ第一制作部

内容紹介
『アイノアカシニ、イノチヲササグ……』
外資・保険調査部に勤める・廣川英器(竹野内豊)は大手保険会社から引き抜かれ、モラルリスク(保険金詐欺)を見分ける独特の嗅覚を持ちながら、“人間の命”を金に換えてゆく矛盾との戦いの中に身を置いていた。

 以前、英器が調査して保険契約を通した家庭に事件が起きた。
 掛け金も保障額も低額だったため英器はさして疑いなどしなかったが、借金返済のために、小学生の娘の命と引換えに保険金を騙し取ろうとしたした実母が逮捕された。母は実娘に火の油を注ぎ殺人を企てたのだった。少女は一命を取り留めたものの重度の火傷を負わされていた。が、少女は英器に懇願する。『自分の不注意だから保証金を払って欲しい、母親が幸せになるためにはお金が必要なんだ』と……。
 英器はこの事件をきっかけに、暗黒の海底へと自ら身を捧げてしまう事になる。
 英器は、自責の念とやり切れなさの中で次の調査に取り組む。
 都内近郊の永和女学館の教師・池永苑恵(木村多江)の転落事故死についての死亡保険金調査だ。
 その頃、一通の投書が町田南署に舞い込む。「永和女学館女教師・池永苑恵の死は他殺で、犯人は学校内部にいる」と。その通告文に過剰反応したのが、キャリア組の刑事課長・烏城武史(仲村トオル)だ。彼は出世コースから外され、妻の眞砂子(中嶋朋子)との関係も冷え切っていた。単なる事故死ではなさそうなこの事件を利用し、再び本署起死回生を狙おうと彼は企んだ。
 その投書の存在を知った英器の恋人、交通課の警官・庄野月子(内田有紀)は、職務違反を覚悟の上で、その内部情報を流す。
月子は、警官である事より、女を選んでしまう自分が嫌いではなかった。
 英器は月子の協力もあり、調査を進めていくうちに女教師・苑恵の同僚、地学教師、江木塔子(松嶋菜々子)の婚約者で青年実業家の久松皓一(及川光博)が変死していたことに気づく。
それも苑恵の事故死と同時期だったことも。
 英器は、塔子の心の中に潜む凶器を探るため、塔子の背後に忍び寄っていく。
 また一人、金沢から或る男が上京してくる。塔子の大学時代からの親友で、久松をよく知る人物、迫田正午(金子賢)だ。彼の上京の理由は、塔子への愛憎……かもしれない。
 疑いながらもいつの間にか激しい愛に溺れていく「英器」。
 クールで感情を決して表には出さない、妖しい魅力を持った「塔子」という女。
 その、氷のような微笑みの奥にはどんな謎が隠されているのか。
 英器、刑事・烏城。故郷の親友・正午……。彼女の隠された過去を、真実を突き止めるために塔子を追う男達。追えば追うほどに、
彼女は不可解な過去が多すぎる……。
 彼女に恋した男達は次々とこの世から消えている。偶然なのか。金目当ての連続殺人なのか、。
それとも世にも恐ろしい悪女なのか……。
 果たして死んでしまった過去の男たちは口を開くことができるのか。
 また、追われながらも何かを探り、誰かを追っている塔子の真相は……。
 やがて英器が選ぶ愛の形とは……。
<一覧のページに戻る


お問い合わせ Copyright (C) 2012 Hisashi Nozawa All Rights Reserved.